A4サイズの紙で印刷して1冊の本にしない

何故「A4サイズの紙で印刷して1冊の本にしないのか」というと、面付けをすることで、製本段階で化粧裁ち(寸法をきれいに整える事)のミスを少なくすることができる。 などがあります。 今回の話をまとめると、本を印刷するときは、「仕上がりの寸法よりも大きな紙を使って印刷している」と覚えてもらえたら、紙と印刷の知識がまた一つ増えたことになります。更に1冊本のご紹介があります。 タイトル:現代資本主義入門 著者  :白 春リュウ 『本書は現代資本主義を紹介する入門書である。本書は資本主義の形成と発展過程をたどるとともに、資本主義と国家の関係、資本主義発展史に占める福祉国家の位置づけおよび資本主義の構造などを確認している。これを通して、現代資本主義の歴史的位置を理解し、現代資本主義の危機と21世紀の国家システムを考える。 本書は現代資本主義の制度とその発展モデルおよび他の社会制度との関係及び比較も試みている、これを通して現代経済社会の現状と将来を再び思考し議論展開していきたい。』 - 本書の概要 より抜粋

カテゴリー: セラピスト パーマリンク