読書をゆっくり楽しめる、私の新習慣

昔から本が大好きな私は、生活の中での読書タイムが何より楽しい時間となっています。読み始めると集中するため、読む場所はどこでも良い方です。例えば通勤中の電車の中や、待ち時間に施設内で読むような場合でも、本の世界に入り込めます。しかし希望としては、ゆったりした気分で読める方が嬉しいかなと感じます。特にお気に入りの書籍などを読む場合は、特別な時間として環境も整えたくなるものです。

最近、そんな希望を叶えてくれる、読書をゆっくり楽しめる場所を見つけ私の新習慣になっています。それは近所のカフェです。ゆったりしたソファや空間がお気に入りで、美味しいコーヒーを飲みながら読書が楽しめるとっておきの場所です。読書するのに、わざわざ外に出かけて行き、しかもお金を掛けてコーヒーを飲まなくてもと家族には言われますが、それは違うと感じます。

私にとって読書は、人生の大切な一コマです。中でも特別な本を読む時はちょっと装いを変え、思い切り贅沢気分のシチュエーションを用意して、その世界に浸りたいと思うのです。もちろん、本さえあれば何もいらないという気持ちもありますが、私にとってそんな過ごし方は、たまに行く旅行のような、ワクワクした高揚感が味わえるのです。

PR|オーダーメイド家具のクラルテ

カテゴリー: 読書 パーマリンク