本を読むなら私はやっぱり紙の書籍。

いつの頃からか、電子書籍というものが普及し始めましたね。持ち運びもタブレット一つで軽いし、どこでも手軽に読めてがさばらないというのが人気の理由なのもなんとなく納得できます。だって、本って紙だけど分厚くなればなるほど重くて持ち運ぶのが大変ですからね。

 

でも私は電子派か書籍派かと聞かれたら迷わず書籍派と答えます。たしかに本がタブレットで読めるのは本当に便利だと思います。でも私は根っからのアナログ人間なのです。あの本をめくる瞬間のドキドキ感というかわくわくするような気持ちたまらないし、短い時間ではあるけれど次はどんな展開が待っているのだろうと想像する時間を大事にしたいのです。

 

と偉そうに語りましたが、我が家には書斎も壁一面の本棚もないので本はもっぱら近くにある図書館まで出向いて借りています。コーヒーを飲みながらエッセイや小説を読む時間は私にとってとても大切な時間です。図書館なら借りた本は返却すればいいし、家のモノが増えないし無料で本が読めるなんて私にとっては嬉しい限りです。

カテゴリー: 読書 パーマリンク