出版書籍のご紹介 「人生に役立つ経営学 ~50社以上の豊富な事例から生活に密着した経営学を解説する~」

PR|CDラックを通販で買うなら|

こんにちは!出版書籍のご紹介です。 タイトル:人生に役立つ経営学 ~50社以上の豊富な事例から生活に密着した経営学を解説する~ 著者  :雑賀 憲彦 『経営学は人生にとって不可欠であると思う。そのわけは経営学が人生に最も深くかかわっている学問だからである。人間の一生は生まれてからまもなく幼稚園、小学校、中学校というように教育期に入る。その間ある意味で競争社会に突入することになる。以前子供に競争をさせてはならないという間違った人権主義がはびこったが、資本主義社会の世界に生きている以上、競争から逃れることはできないし、競争を悪徳視する考えも現実的ではない。そして高校受験、大学受験という競争を経て社会人になる。 社会人になると今度は仕事の能力というもので競争がついてまわる。仕事のできる速さや丁寧さ、チームワークの良さなどそれらの程度が仕事の能力というものである。その能力に応じ主任、係長、課長、部長という役職位につく競争になる。ここでも競争を悪と考える人間はできるだけ競争を避けるため、年功型賃金を採用している遅れた組織である非営利組織(公的機関)に就職しようとする。 しかし、どのような組織でも好むと好まざるとに関わらず競争にさらされ、その結果収入が変わってくる。』  - はじめに より抜粋

コメントを残す