自称本好きの本棚がマンガだらけになった理由

子供の頃から本を読むのが大好きで、図書券・図書カードはいくらあっても足りないくらい。引っ越すたびに本を整理しますが、それでもダンボールの半分くらいは本という、いわゆる本の虫です。

しかし、今の住所に引っ越してきてからは、図書館が徒歩数分の場所にあるので、もっぱら借りて済ますようになりました。しかも最近の図書館は運営が民間になっているところも多く、サービスが充実しています。

平日はけっこう夜遅くまで開館していますし、土日もやっています。区内の別の図書館にある蔵書取り寄せだって、あらかじめインターネットで注文しておけば、一番近い図書館に持ってきてくれ、メールでお知らせ。本当に便利なものです。

また、電子書籍も素晴らしい。探すのがちょっと大変だった本も復活していますし、自宅ですぐに読めます。サービス停止の可能性は大きなリスクですが、置き場所要らずでストックしておけるのはありがたいです。

そしてその結果、自宅の本棚は図書館で借りられないもの、つまりマンガだらけになってしまいました。本棚部屋に入るたびに自称・本好きのプライドが揺らぎますが、これにはこういう理由があるのです。

カテゴリー: 本棚 パーマリンク