眠る前には親子で読書

我が家では布団に入るまえの一時、子供と本を読む時間を大切にしています。

子供を膝の上に乗せ、絵本などを読み聞かせたり、子供に読ませたりするんです。
具合の悪い時などを除いて、幼い時から欠かさず毎晩そうしています。

今読んでいるのは、「科学の不思議な話 365」という本です。
科学についての素朴な疑問などを解説する内容で、図鑑のように分厚い本なんです。
変わっているのは、それぞれのお話に読む時間を日付が割り振られていることです。
毎日一話ずつ読んで、一年間読めるように作られています。

もちろん好きな項目から読んでもかまわないですし、気に入った部分は何度も繰り返し読んでいます。
読み始めたころは、ほとんど親が読み聞かせていたのですが、最近は子供自ら読むことが多くなりました。
たどたどしいながらも一生懸命で、子供の背中の温かみを感じながら微笑ましく聞いています。

現在小学校低学年、もうだいぶ大きくなり、カウンター下収納には子供の本でいっぱいになりました。いつまで膝に乗せて本を読んでやれるかはわかりません。
でも少しでも長い間、この和やかな時間を楽しめたらいいなと思っています。

 

カテゴリー: 読書 パーマリンク