大人になった今こそ、改めて本を読むのが好き

本を読むのが子供のころから好きです。
大人になった今では、文庫本が好きでハードカバーの本はあまり買いません。どこにでも持って行けて、読みたい時にすぐに読める手軽さが好きです。

初めて読む本の、ストーリーの行方を追うわくわくする気持ち。
大好きな本の、好きなシーンを繰り返し読んで満足する気持ち。
どちらも他のものでは得難い感情です。

最近は、学生時代に壁面本棚に並べてよく読んだ本を読み返すのも好きです。懐かしい気持ちと、あの頃に感じていたものとはまた違う感想を抱くことへの驚きやなんともいえない感慨深さがあります。

当時の気持ちを思い出して、少し子育て中の子供の気持ちを思いやれたりするきっかけにもなってくれています。

漫画でも得られるものではあるかもしれません。でも、絵も台詞も全てがそこにある漫画とは違って、文字を追いかけて頭の中で膨らませたイメージは、私だけのものなのです。だからこそ、記憶の感情が鮮烈で、子供の頃の記憶を引き出せているように思います。

なかなか時間を取るのが難しいですが、やっぱり趣味はと聞かれて最初に出てくるのは読書ですね。

カテゴリー: 読書 パーマリンク