主婦用の書斎はパントリーに作ろう

新築を建てる時、書斎が欲しいという家庭もありますよね。書斎というとお父さんの部屋というイメージですが、今はお母さん用の書斎も人気になりつつあります。書斎と言っても壁で区切られたスペースではなく、キッチンの収納であるパントリーに、机と椅子を設置するというスタイルです。これなら子どもがいても目を配ることができますし、家事の合間を使ってパソコン作業や読書が自由にできるという設計です。このような動線は主婦受けが良く、壁面を利用して本棚を作っておくと自分だけのお気に入りスペースが家の一角にできあがります。完全にプライベート空間として区切ってしまうのもアリですが、開けたスペースにあることで家族とのコミュニケーションが取れるのが最大のメリットですね。パントリーの他、スキップフロアと言って段差による空間を広げた場所を書斎にすることも可能です。ここも目線が家族共有スペースに広がるので、開けた1階が欲しいなら考えたい間取りです。

カテゴリー: 本棚 パーマリンク