それぞれの書斎がある家

私の家は注文住宅です。父親が特に本が好きでしたので、マイホームを建てる際に本を置ける書斎が欲しいとのことで間取りを考えました。私もそんな父親に似て本は多いほうです。

 

間取りを決める際に広さに余裕ができたので、両親と私、それぞれの書斎を作ることにしました。広さは3畳ほどしかないので本当に狭いのですが、作り付けの机と背面に頑丈な本棚を作りました。

 

それぞれが書斎を持つことで、散らばっていた本をそれぞれが管理することができるようになりましたし、オーダーメイド家具でデザイン性の高い頑丈な本棚を設置し大量の本を置くことを念頭に置いて設計をしてもらえたので家が傾くということもありません。

 

本棚に並べていても様々なサイズや色の本があるので散らかって見えがちですが、書斎にすべて収納できるので他の部屋がとてもすっきり生活感のない綺麗な状態を保つことができています。

 

本を読むときも広い部屋でゆっくりソファーに座って読むのもいいのですが、狭く静かな空間に一人きりという書斎も集中できて気に入っています。

カテゴリー: 本棚, 読書 パーマリンク